ビタミンC誘導体 化粧水

初めてのビタミンC誘導体化粧水☆選び方やおすすめを実体験暴露しました

ビタミンC誘導体の化粧水をはじめて使う女性のための案内サイト。肌悩み別の選び方やおすすめ化粧水の紹介、ビタミンC誘導体の効果やスキンケア方法まで徹底解説!これを読めば、迷うことなく自分に合ったビタミンC誘導体化粧水に出会えます。

はじめての私はどれを選んだらいいの?肌悩み別ビタミンC誘導体化粧水おすすめランキング

ビタミンC誘導体の化粧水

 

ニキビやニキビ跡ケアにはじまり、シミやくすみなどの美白対策、シワ・たるみ・毛穴といったエイジングケアなどなど。

 

そんなあらゆる肌悩みに応えてくれるすぐれた美容成分がビタミンC誘導体です。

 

当サイトは、

 

 
ビタミンC誘導体の化粧水が気になっているけど、はじめてだからどれを選んだらいいかわからない・・・。

 

そんな女性に向けたサイトです。

 

肌悩み別の選び方からおすすめ化粧水の紹介、さらに初心者さんのためにビタミンC誘導体の種類や効果など、知っておきたい知識も完全網羅。

 

このサイトを見ればビタミンC誘導体のすべてがわかります。

 

すみからすみまで活用し、あなたにぴったりのビタミンC誘導体化粧水を見つけてください♪

 

ニキビケア用・ビタミンC誘導体化粧水ランキング

 

ビーグレン・QuSomeローション

今あるニキビ、ニキビ跡、将来の予防まで。ずっと面倒みてくれる頼れる1本♪

2種類のビタミンC誘導体が、ニキビとニキビ跡の両方にアプローチ。さらに、抗炎症作用のあるアラントインが肌荒れ防止に働きかけます。

ビーグレン・QuSomeローション

●現品容量
120mL

 

●採用ビタミンC誘導体
3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸
3-O-エチルアスコルヒ゛ン酸

 

●その他特質成分
アラントイン

 

●評価
★★★★★

 

今できているニキビ、炎症がおさまってからのニキビ跡、新たなニキビをうまない予防。ビーグレンのQuSomeローションは、これらすべてに対応してくれます。

 

  • たくさんのニキビが恥ずかしくてマスクなしでは外出できない
  • コンシーラーでもニキビ跡が隠しきれない
  • 生理前になるといつもできるあごニキビを防ぎたい

 

こうした大人ニキビの悩みに幅広く対応してくれるので、言い方は乱暴ですが”とりあえずこれを使っておけばOK”といえる化粧水です。

 

365日間返金保証もついているので、ビタミンC誘導体の初心者さんが安心して試せるところも好感が持てます。

プリモディーネ・シーバムコントロールVCローションⅡ

ビタミンC誘導体にこだわった美容液レベルの化粧水

APPSにくわえて新型のビタミンC誘導体「3-グリセリルアスコルビン酸」を配合。繰り返しできる大人ニキビやニキビ跡だけでなく、毛穴の目立ちにもアプローチしてくれます。

プリモディーネ・シーバムコントロールVCローションⅡ

●現品容量
100mL

 

●採用ビタミンC誘導体
3-グリセリルアスコルビン酸
APPS

 

●その他特質成分
α-アルブチン

 

●評価
★★★★☆

 

とにかくリッチでぜいたくな化粧水という印象。浸透力の高い両性ビタミンC誘導体を2つも配合しています。

 

一応、ニキビケア用コスメですが、毛穴やくすみにも対応するなど守備範囲が広いところも魅力的。

 

大人ニキビをケアしつつ、エイジングケアも考えたい。そんな欲張りな思いをかなえてくれる化粧水です。

シーボディ・VCローション

ニキビの元と戦うビタミンCコスメ

採用しているビタミンC誘導体はイソステアリルアスコルビルリン酸2Naという新しい成分。さらに殺菌成分であるサリチル酸を配合するなど、積極的で強めのニキビケア化粧水です。

シーボディ・VCローション

●現品容量
150mL

 

●採用ビタミンC誘導体
イソステアリルアスコルビルリン酸2Na

 

●その他特質成分
サリチル酸
カンゾウ根エキス

 

●評価
★★★☆☆

 

シーボディのVCローションは、上記2つとは性質が異なります。それはアクネ菌と戦う殺菌成分を配合していること。

 

ビタミンC誘導体のおだやかな作用だけでなく、ニキビの原因であるアクネ菌と戦うというやや”攻撃的な”アプローチをします。

 

そのため、乾燥肌や敏感肌の方だと刺激を感じてしまう可能性も。どちらかといえば、お肌が強い人向けです。

 

「何を使っても、今あるニキビが解消しない…」そんなあなたは、返金保証のあるスターターセットで肌に合うか試してみましょう。

ニキビケア用・ビタミンC誘導体化粧水を選ぶポイント

ニキビケア用のビタミンC誘導体化粧水を選ぶさいは、浸透性が高くニキビの炎症部分にしっかりとアプローチしてくれる両性ビタミンC誘導体を採用しているものが効果的。

 

上記3つの化粧水は、すべてに両性ビタミンC誘導体が配合されています。

 

また、アラントインなど抗炎症作用のある成分が一緒に入っていれば、しつこいニキビ跡の解消にも近づきます。

 

あと、殺菌成分についてですが、これは効果が劇的なぶん肌を選びますので必ずしもいいとは言い切れないのが現実。

 

いきなり現品を購入するのではなく、まずはお試しセットなどを上手く活用したほうがいいでしょう。

 

 

美白ケア用・ビタミンC誘導体化粧水ランキング

 

サエル・ホワイトニングローションクリアリスト

敏感肌でも使えるやさしい美白化粧水

採用しているビタミンC誘導体はアスコルビン酸2-グルコシド。マロニエエキスはポーラ研究所のオリジナル成分で、チロシナーゼ生成抑制の作用(結果的にメラニンの生成を抑える)があります。

サエル・ホワイトニングローションクリアリスト

●現品容量
125mL

 

●採用ビタミンC誘導体
アスコルビン酸2-グルコシド

 

●その他特質成分
マロニエエキス

 

●評価
★★★★★

 

敏感肌でも使えるというコンセプトの美白化粧水。とかく刺激が強くて使いづらいという美白化粧水のイメージをくつがえしました。

 

紫外線は季節を問わず降りそそいでいますから、美白ケアは夏だけでなく通年で行なうことが大切。ですから、お肌へのやさしさは重要なポイントです。

 

サエルは乾燥、ピリピリ、ひりひりといった肌への負担を排除し、一年を通して安心して使えます。まさに敏感肌の方向け。

 

「シミ対策はしたいけど、刺激のある化粧品は使えない」「今までどんな美白化粧品も合わなかった」

 

そんなあなたのための化粧品です。

アスタリフトホワイト・ブライトローション

ナノテクノロジーにより”実感できる”美白化粧水

独自技術でナノ化した美白有効成分が角層内にしっかり浸透。水溶性ビタミンC誘導体のリン酸L-アスコルビルマグネシウムとアルブチンとの合わせ技で、攻めの美白ケアができます。

アスタリフトホワイト・ブライトローション


●現品容量
130mL

 

●採用ビタミンC誘導体
リン酸L-アスコルビルマグネシウム

 

●その他特質成分
アルブチン
グリチルリチン酸ジカリウム

 

●評価
★★★★☆

 

多くの美白化粧水がアスコルビン酸グルコシドを配合している中、アスタリフトホワイトは皮膚科でも処方される「リン酸型ビタミンC誘導体」を採用。

 

それにくわえて、美白有効成分アルブチンを同時配合しています。

 

独自技術”ナノテクノロジー”も大手メーカーだからこそできる技術ですし、肌へのやさしさを考えた処方もさすがといえるでしょう。

米肌・澄肌美白化粧水

米と発酵の力で透明感のある発光美肌

アスコルビン酸2-グルコシドがシミやくすみにアプローチ。また、コメ発酵液が角層をたっぷりのうるおいで満たしてキメの整った肌に導きます。

米肌・澄肌美白化粧水

●現品容量
120mL

 

●採用ビタミンC誘導体
アスコルビン酸2-グルコシド

 

●その他特質成分
コメ発酵液

 

●評価
★★★☆☆

 

”発光美肌”という言葉どおり、どちらかと言えばキメ(肌理)を整えることで透明感をアップさせることにフォーカスした化粧水。

 

うるおいに満ちてキメの整った肌は、多くの光を取り込み反射する。そんなアプローチです。

 

もちろん、ビタミンC誘導体は入っていますが、美白化粧水としてはややおとなしい印象。

美白ケア用・ビタミンC誘導体化粧水を選ぶポイント

美白ケア用のビタミンC誘導体化粧水を選ぶさいは、ビタミンCだけでなく他の美白有効成分が一緒に入っているものを選べばより効果的です。

 

ビタミンCとの合わせ技で美白対策ができるので、積極的にケアしたいならビタミンC誘導体以外の美白有効成分にも着目しましょう。

 

また、紫外線対策は毎日おこないたいですから、刺激がなくて使いやすい、自分に合ったものを選ぶことが重要です。

 

だいたいどの化粧品にもお試しセットやトライアルセットが用意されているので、上手に活用することがポイントです。

 

 

シワ・たるみ・毛穴などのエイジングケア用・ビタミンC誘導体化粧水ランキング

 

アスタリフト・ジェリーアクアリスタ

エイジングケア成分を全部乗せした”強力”ぷるぷるコスメ

先行美容液という位置づけのアイテム。両性ビタミンC誘導体であるAPPSを筆頭にそれをサポートするトコフェロール(ビタミンE)、さらに抗酸化作用が見込めるアスタキサンチン、バリア機能を高めるヒト型セラミドと、とにかくエイジングケアのための成分が目白押しです。

アスタリフト・ジェリーアクアリスタ

●現品容量
40g/60g

 

●採用ビタミンC誘導体
APPS

 

●その他特質成分
トコフェロール
アスタキサンチン
ヒト型セラミド3種類

 

●評価
★★★★★

 

厳密には化粧水ではありませんが、洗顔後の一番最初に使うアイテムであり、成分的にとても優れていることから1位としました。

 

上で書いたとおり、年齢肌に欲しい成分を全部乗せしたようなコスメで、トータルバランスがすぐれていることからある意味、”完ぺきなコスメ”といえます。

 

ビタミンC誘導体の中でもとくに浸透性の高いAPPSを採用しているのはもちろん、セラミド1、セラミド3、セラミド6IIとヒト型セラミドを3種類も配合しているのは驚異的。

 

  • 朝起きて、鏡にうつる自分の顔にガッカリすることがある
  • 家族や友人に「なんか疲れてない?」と聞かれる
  • 年齢だけでなく重力にも負けている

 

そんなあなたのためのコスメです。

サイクルプラス・エンリッチローション

2剤式化粧水でいつでも新鮮なビタミンCを

ビタミンC誘導体の粉末を自分で溶かす2剤式タイプの化粧水。高浸透型のAPPSとビタミンE誘導体TPNaが、気になる年齢肌悩みにアプローチしてくれます。

サイクルプラス・エンリッチローション

●現品容量
80mL

 

●採用ビタミンC誘導体
APPS

 

●その他特質成分
TPNa

 

●評価
★★★★☆

 

2剤式&一ヶ月使い切りというコンセプトが、新鮮なビタミンCを肌に届けることを実現した化粧水。

 

まるで手作り化粧水のようなワクワク感は他の製品では味わえません。「ちょっと変わったものが好き」そんなあなたの好奇心を確実に満たしてくれます。

 

もちろん好奇心だけでなく、中身もしっかり充実。5種類ものヒアルロン酸や多くの美容成分を同時配合と、成分的にも侮れない化粧水です。

ビューティーモール・APPS+E(TPNa)+アルファ

複数のビタミンC誘導体を配合したカクテル化粧水

APPSだけでなく、その他複数のビタミンC誘導体をブレンドした化粧水。一緒に配合されているTPNaが、ビタミンC誘導体の効果をさらに引き立てます。

ビューティーモール・APPS+E(TPNa)+アルファ

●現品容量
100mL

 

●採用ビタミンC誘導体
APPS
リン酸アスコルビルMg
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

 

●その他特質成分
TPNa

 

●評価
★★★☆☆

 

水溶性・油溶性・両性のビタミンC誘導体をすべて配合した化粧水で、とてもリッチな印象。

 

その他、ヒアルロン酸やリピジュアなど保湿成分も充実しているため、これだけでもお肌がしっとりします。

 

ただ要冷蔵なので、人によっては毎回出し入れするのが面倒に感じるかもしれません。

エイジングケア用・ビタミンC誘導体化粧水を選ぶポイント

エイジングケア用のビタミンC誘導体化粧水を選ぶさいは、別の抗酸化作用が見込める成分にも注目することがポイント。具体的にはビタミンEやビタミンE誘導体、アスタキサンチンなどです。

 

これらを一緒に配合した化粧水は、ビタミンCの抗酸化との合わせ技で、より積極的なエイジングケアを行なうことができます。

 

また、ビタミンC誘導体に高浸透型のAPPSを採用しているかどうかも重要なポイント。

 

とくに、シワやたるみといったエイジングサインは、より角層内に浸透しないと効果が期待できないからです。

 

 

最近の投稿
カテゴリー